By Anonymous
#16117782
ぴったりと張り付き反時計回りに回りながら大盾でしっかりガードすれば隙がいくらでも見えてくる。気をつけるのは知らず知らずに壁に向かっているところ。